今日の釣りバカ天国裏話!!

山菜の王様タラの芽の宝庫

 
   ^b|V.JPG

タラの芽は山菜の王様と呼ばれる。

その芳醇な天ぷらは山菜独特のクセ(苦味)と美味さを併せ持つ。

つまり苦さは美味さとあいまってほろ苦さになるし、
美味さはそのほろ苦さと重なって益々旨味が増す。(^-^)/

特に天ぷらにすればこの美味さが一番引き出される。

昨日採って来たタラの芽は出始めた最初の蕾がほとんど。
開いてからは甘さとほろりとした食感がかなり薄れるので、
その蕾の頃が一番美味しい。

   b|-s.jpg

そして一緒に採れたトリアシショウマとボンナ(ヨブスマソウ)、
そして、やっと出始めた笹竹の竹の子。
これが小さくて沢山は採りづらいが、これが又美味しいのだ。

   RR.JPG

これをマヨネーズと火だれで頂く。

   RR.JPG

春が口の中いっぱいに広がってゆく。(^-^)/

旬を味わえるは幸せなことだ。\(^o^)/


しかしくれぐれも事故には気をつけて欲しい。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000159-mailo-l16

私がこの山菜を採ったところは子供でも行けるので安心。(^-^)/
 
posted by STO孤渓 at 16:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ・美味しいもの

旬、今美味しいカレイと山菜

 
   JCt.JPG

今年最後のカレイ釣りで釣ってきたマコガレイを煮付けで食べた。
勿論火ダラー得意の火だれをちょっと垂らした。(^-^)/

家族のの同じ鍋なのであまり辛くはできない我が家の煮付け
これで辛味の補充は充分だ。
いや辛味だけじゃなくて、うまみの補充も満足満足!\(^o^)/

今のマコガレイは身が締まってきて美味しくなった。
代わりに、
真ガレイは殆どが産卵を終えてちょっと不味くなってしまった。

そして今は山菜の時期。

我が家に生えているからし菜ギボウシをお浸しにした。

   M{V.JPG

勿論これにも火だれはかける。

これが又山菜の味とよく合う。(^-^)/


それにしても山菜取りの事故は後を絶たない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070501-00000159-mailo-l16

その点私が山菜を採るところは子供も行けるところなので安心。
 
posted by STO孤渓 at 16:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・美味しいもの

山菜が旬

 
   b|-s.jpg

昨日は、小泊港で現地解散の中止。

帰り際に山に入ってみた。

やはり今が採り時と言う山菜に遭遇。

一つ目は、山菜の王様と言われる「タラの芽」

丁度食い頃の出初めが沢山採れた。(^o^)/~

そして「ボンナ」(別名:ヨブスマソウ)

   {i-s.jpg
 独特の香りの強い山菜だ。

そして、「トリアシショウマ」

   gAVVE}-s.jpg
  見た目は良くないが、茹で上げると黄緑色に変色して
  見るからに美味しそうになる。(^-^)/

これを帰りがけの駄賃と言うんでしょうね。\(^o^)/
 
posted by STO孤渓 at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・美味しいもの

焼きソバに火だれ

 
   o-s.jpg

ラーメン専用火だれ」と言う商品名

しかし、ラーメンだけではもったいない。

今日の昼飯は焼きソバだったので勿論「火だれ」を

タラ〜リポタポタと掛け回す。

ラーメンばかりじゃなく焼きソバもその味がプロの味になる。

素晴らしい「火だれ」です。\(^o^)/

詳しい事は下です。(^-^)/

  http://turibaka.ddo.jp/MyShop/hidare/hidare.html
 
posted by STO孤渓 at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・美味しいもの

アイナメの旬はいつ?

 
   Auh-s.jpg

先日釣ったアイナメのお刺身。
(上半分は、ホッケです)

昨日で最後になったが、甘みがあって美味しかった。(^-^)/

産卵からの体力の回復が遅いメスはまだ美味くないと言うのが、
今までのアイナメ(青森ではアブラメ)の定説だったはず。

しかし、凄く脂が乗っていて上手かった。\(^o^)/

わん内のアブラメとは少し違うようだ。

と言うのは今回のアブラメは、小泊で釣ったもの。

そして前回は、三沢沖で釣ったもの。

わん内のものとは少し違うようだ。

やはり外洋のえさが豊富なところのものは栄養が違って、
体力はもう充分に回復しているのだろう。

この調子で真ダイもそろそろのっこんでくるのだろうか?(^-^)/
posted by STO孤渓 at 05:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・美味しいもの

火だれでハムエッグ

 
   nGbO-s.jpg

ハムエッグ目玉焼きに「火だれ」を掛けて醤油で頂く!

この組合せが最近のマイブーム。

とにかく、はまってしまった。(^-^)/

完璧な「火だラー」だ。\(^o^)/

火だれ」は、辛そうな真っ赤な色をしているので、
辛いのが苦手な人には敬遠されそうだ。

しかし、辛いのが大好きな私にとっては、
そんなに極端に辛いとは思われない。

むしろ、辛さがもっと欲しい味噌ラーメンなんかには、
唐辛子を足したりしている。

辛さよりも、そのコクが美味い。


       [.JPG

あと美味かったのは、焼きソバ

      ?.JPG

目玉焼きは自分で作れるが、焼きソバは面倒くさいので、
どうしても目玉焼きが多くなってしまう。(^-^)/

  「火だれ」

それにしても日本人は、ラーメンが好きなようですね。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000028-maip-soci

その好きなラーメンが確実に美味くなる
火だれ」にもはまること請け合い!(^-^)/
 
posted by STO孤渓 at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・美味しいもの

エチゼンクラゲは食える?

 
   NQ.jpg

あのエチゼンクラゲは本当に食えるのか?

日本の漁業に大きな損害を与えているあの大きなエチゼンクラゲ。
そのクラゲを利用すべく研究を重ねてきている人たちがいた。

独立行政法人の「水産総合研究センター」と言うところだが、
我が青森県でも一緒に研究しているところがあった。
青森県ふるさと食品研究センター」と言うところ。

その研究所から、
「大型クラゲ加工マニュアル」なる研究結果が発表された。

それによると、
中華料理で食べたことのある、あのコリコリとしたクラゲ
あのクラゲは、実はエチゼンクラゲとビゼンクラゲと、
言う種類を加工したものなんだそうだ。

そして、あのこりこりのクラゲは「塩クラゲ」と言うもの。

つまり食える事は解った。

しかし日本にはそのクラゲを加工する技術が無かった。
そこで、苦労してその乾燥法や、レシピなどを研究したと言う事。

一読するに値するレポートが出来上がりました。

 水産総合研究センター:http://www.fra.affrc.go.jp/

 大型クラゲ加工マニュアル
http://www.fra.affrc.go.jp/pressrelease/pr18/190316/kurage4.pdf
このレポートは、読みやすく写真付きで綺麗に仕上がってます。
ただ、かなり重いですから、開くまで結構時間が掛かります。
くれぐれも、パソコンがフリーズしたと勘違いしないで下さいませ。(^-^)/

 青森県ふるさと食品研究センター:http://www.pref.aomori.lg.jp/fusyokuken/

最近は海にいると必ずといってよいほど目に付くエチゼンクラゲ。
あれが、大漁に取れてクラゲ料理が盛んになればそれはそれで良いが、このレポートで凄く物足りないと感じたことがある。

それは、色々な料理の写真とともにレシピも書かれているが、その味たるやいかがなものかが全く書かれていない。
イメージもサッパリ湧かないし、食ってみたい!と思えないのだ。
(イメージが湧いたのは塩クラゲだけでした)

なぜクラゲを使えば良いのかが伝わってこないのです。

独立行政法人と言う方たちがどんな立場の方たちなのか?
(どの位お堅いお仕事をしているの?)
は良く解らないが、このレポートの最大の目的は、苦労して開発した加工法や調理法をみんなに知らせて広めることならば、
尚更

作ってみたい!

食べてみたい!
と思わせて欲しかった。

でも、世の中良くしたもんで、お堅いものを軟らかく噛み砕いてくれる人もいるだろうから、今後の展開に期待ですね。(^-^)/

でも・・・、

   NQ.jpg

あ〜〜、このコリコリした中華風クラゲが食いたくなりました!

関連記事:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070327-00000137-mai-soci
posted by STO孤渓 at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・美味しいもの

イカソーメン

  [-s.jpg

我が家の女性たちに大人気なのが、
ヤリイカのイカソーメン

作り方はいたって簡単。

ヤリイカの身をお刺身にするまでの処理をして、
頭の方からクルクルと巻き込んでサランラップにくるむ。

  CJ-s.jpg

それを冷凍庫に入れて凍らせる。

まだ凍っているうちに出来るだけ細めの輪切りにする。
(解けてしまったら細く切れませんよ)

  CJ-s.jpg

器に盛り付けてめんつゆを注ぎ、
生姜のすりおろしやネギなど好みの薬味を乗せて出来上がり。

つるつると甘いイカソーメンを召し上がれ!\(^o^)/
posted by STO孤渓 at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・美味しいもの

ラーメン専用の「火ダレ」到着!

 
「博多でしか売ってないラーメン専用火ダレ

       senyou.JPG

究極のラーメンを目指して!。(^-^)/

「福岡でしか売ってない火ダレ」がやっと届きました!

一昨年見つけた「ラーメン専用火ダレ」ですが、
確かに福岡でしか売ってないんです。

でも食べたいんです!
だってラーメンの味が全然違っちゃうんですよ!\(^o^)/

      hidare.JPG   

で、去年福岡に行った時に買いだめしてきたんです。

でもその15本がもう無くなったので、
電話して送ってもらいました。(^-^)/

これは「ラーメン革命」ですね。\(^o^)/

とにかく、味が抜群に良くなるんです。

是非皆さんにも食べてみて欲しいな!

釣りバカSHOPで扱えるようにお願いしてみます!(^-^)/



ラーメンといえば、むつの川内に新しいラーメンが出来た。

「かわうちラーメンほたて物語」と言うんだそうだ。

なんとホタテのからを熱処理してカルシウムにしたものと、
干しホタテ貝柱の粉末とが入っているんだそうだ。

Yahooニュース(河北新報)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070215-00000001-khk-soci

Yahooニュース(毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070214-00000034-mailo-l02

勿論町興しとホタテの排気貝殻の有効利用のために開発したのだが、食べるのはどうすればよいのかな?

両方の新聞ともその事は書いてないので、
ちょっと調べてみないと解らないな。(^-^)/
 
posted by STO孤渓 at 17:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・美味しいもの

北東北の渓流解禁。青森の冬は?


今日は、青森は冬です。(*_*;)

でも、岐阜県ではもう渓流が解禁しているところもあるし、
もう半月で岩手の渓流が解禁する。

今年の渓流は雪が少なかった影響が、
あるのだろうが果たしてどうか?

去年は雪が多すぎてダメだったのか解らないが、
今年は復活して欲しいものだ。(^-^)/


話は変わるが、
昨日の我が家の食事には二つの魚が出てきた。

一つは、以前釣って冷凍していた「オキメバルの唐揚げ」。
もう一つは、先日釣って来たナメタの煮付け。

オキメバルは、シャリッとした歯ざわりがよくて
頭からかじる事が出来た。

   g-s.jpg

本当はあの魚の唐揚げには、野菜のあんかけが合うのだが、
ただの唐揚げでも美味しかった。(^-^)/

そしてナメタの煮付けは、お腹の仔がはじけるほどの子持ちだった。

    i^-s.jpg

勿論子持ちの旬だから美味しくない訳がない。

ヒレの皮まで食べてしまった。\(^o^)/

そう言えば、ナメタの予定は後1回。

ナメタは、あと1回となったが、

釣りバカSHOPでは、
私が釣った魚をお裾分けしてるので是非味わって欲しい!

新鮮で美味しい魚は病み付きになりますよ〜!(^-^)/

  釣りバカSHOP「青森の美味しいお魚販売」

青森の綺麗な海で獲れた魚は本当に美味しいです!

どうですか?

その違いを味わってみたいと思いませんか?\(^o^)/
posted by STO孤渓 at 22:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ・美味しいもの
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。